イクレイ日本について

イクレイ日本は、イクレイ(本部:ドイツ・ボン)の日本事務所として、国内の会員自治体とイクレイの国際ネットワークとをつなぐ役割を担っています。現在、世界17の地域事務局・事務所とともに、会員自治体の活動をサポートし、イクレイが主導する国際的な都市間連携を推進しています。

設立の経緯

イクレイ日本は、1990年に発足したイクレイ(旧称:国際環境自治体協議会)の日本事務所として、1993年開設、2004年有限責任中間法人として法人格を得たのち、2009年以降、一般社団法人イクレイ日本として活動しています。2016年4月現在、国内正会員18都市

理事名簿 (2016年11月1日現在)

役職

氏名

現職

理事長

浜中 裕徳

(公財)地球環境戦略研究機関 理事長

理事

ジノ・ヴァン・ベギン

ICLEI 世界事務局長

理事

小池 百合子

東京都知事

理事

門川 大作

京都市長・ICLEI東アジア地域理事

理事

北橋 健治

北九州市長

理事

大西 一史

熊本市長

理事

松井 一實

広島市長

理事

邑上 守正

武蔵野市長

理事

林  文子

横浜市長

理事長 浜中裕徳

1944年生まれ。東京都出身。1967年東京大学工学部都市工学科卒業後、厚生省入省。1979年より環境庁に勤務し、大気・水質保全等の環境政策分野で活躍。2001年には環境省地球環境審議官に着任し、京都議定書をはじめとした政府間交渉に携わる。2004年に環境省を 退職し、同年より、慶應義塾大学環境情報学部教授として教鞭をとる。2005年7月より現職。その他の主な兼職に、(公財)地球環境戦略研究機関理事長、(公財)国際湖沼環境委員会理事長、かながわ地球環境保全推進会議会長。

事務局長 大塚隆志

1999年に(公財)地球環境戦略研究機関(IGES)に入所、アジア諸国を対象とした環境意識比較研究プロジェクト等に従事。2004~2006年には、国際連合環境計画(UNEP)に出向し、地球環境ファシリティー(GEF)調整局アジア太平洋地域担当官として本部ナイロビに勤務する。その後、IGESのプログラム・マネージメント・オフィスに所属し、副ディレクターとして、IGES全体の研究及び戦略オペレーションに関する企画調整を担当。2015年4月より現職。

 
 
 
Google+
JP | EN