Shimokawa Town: Mayor Kazuyuki Tani

In Shimokawa Town, we are promoting efforts to build our town as “Forest Future City Shimokawa” by 2030. Our vision is to create a city surrounded by a rich forest environment, providing great economic value through the forest, learning in the forest, playing, cultivating physical and mental health, and living a rich life wrapped in trees.

Among efforts utilizing the forest resources, which are the advantages of the town, we have received high praise from the Japanese Government; Shimokawa Town was selected as an "Eco Model City" in 2008, a "Future City" in 2011, and a "Biomass Town" in 2013.

In a country like Japan which faces a unique set of challenges, Shimokawa Town is also dealing with its own problems, therefore, we would like to make further efforts to achieve sustainable community development by cooperating and collaborating with ICLEI participating cities.

下川町の概要

人口:3,400人(2017年)
面積:64,420ha (644.2km²)

下川町は北海道の北部、旭川市から北に約100kmに位置します。東西約20km、南北約30km 、64,420ha の広大な面積を有し、その大きさは東京23区とほぼ同等です。町の90%にあたる56,936haは森林で、恵まれた森林資源と豊かで美しい自然が残されています。

気候は、内陸性の気候で寒暖の差が激しく、最高気温は約30℃、最低気温は約-30℃と年間の温度差は60℃以上にもなります。降雪は11月下旬頃から3月下旬頃まで続き、冬が長く夏が短い地域です。

下川町は町の土地面積の約90%が森林であることから森林・林業を基盤として発展してきました。町では、昭和28年「国有林野整備臨時措置法」により、1,221 haの国有林の払い下げを受けました。これを契機に、将来に期待できる森林を造成するため、毎年約50 haの植林を続け、植林50ha×伐採60年の循環型森林経営システムを構築しました。現在では約4,583haの町有林を確保し、森林を継続的に整備しながら資源を循環させ、同時に雇用の場の確保と林産物の供給を継続させるという持続可能な森林経営を構築しています。

環境面の取り組み

また、下川町では、責任ある森林管理の証である国際認証「FSC®森林認証」を北海道で初めて取得し、全町有林が認証を受けています。町内製材工場から出される木屑を燃料にして、公共の温泉である五味温泉や公共施設に木質バイオマスボイラーを導入し、二酸化炭素の削減と経費の削減を図るともに、カーボン・オフセットに取り組むなど先駆的な施策を行っています。

関連情報

 
 
 
Google+
JP | EN