地域の気候変動適応策推進に向けた日米セミナー(2013年1月15日 於:JICA市ヶ谷)

2013年1月15日(火)に、JICA地球ひろばの国際会議場で日米適応セミナーを開催し、日米自治体の適応策の取り組み紹介、環境省および国交省から国での適応策の進捗状況の報告、各分野の専門家からの発表と議論を行いました。米国からは、2パイロット自治体の取り組みが発表され、マサチューセッツ工科大学のジョアン・カーミン准教授とイクレイ米国のブライアン・ホーランドも参加して、日本の自治体での取り組みへのコメントや研究者とのパネルディスカッションでの議論を行いました。自治体職員、研究者、NGO/NPOや専門機関、企業等の専門家ら約60名が参加しました。

 当日のプログラム

 
 
 
Google+
JP | EN