2017年10月01日 - 2017年10月31日

エコモビリティ世界フェスティバル2017(台湾・高雄市)

イクレイでは、2年毎にエコモビリティをテーマにした国際フェスティバルを開催しています。

同フェスティバルでは、開催期間中の1ヵ月間、開催都市が指定する区域における自動車通行を制限し、公共交通機関、歩行、自転車など、環境に配慮した交通機関の利用を促進し、「エコ・モバイル」な将来像を参加者の皆様に体験していただくことを目的としています。本フェスティバルはこれまでに、南アフリカ・ヨハネスブルグ(2015年)と韓国・水原(2013年)で開催されています。

 開催期間: 2017年10月1日~31日  エコモビリティ世界フェスティバル
       2017年10月2日~4日  エコモビリティ世界大会

 開催場所: 台湾・高雄市

 主  催: イクレイ、高雄市

 目  的: エコモビリティを通じて、都市が先進的な都市交通文化を創出できることを示すこと。

3回目となる「エコモビリティ世界フェスティバル2017」は、2017年10月に高雄市・台湾で開催されます。
大会が開催される1ヵ月間、歴史的な哈瑪星(はません)地区の道路が、エコモビリティ(歩行、自転車、公共交通、シェアリング、電気自動車)のための専用スペースに取って代わります。同地区は、高雄市の交通や経済の中心として栄えた歴史あるエリアとして知られており、現在は観光スポットとしても親しまれています。フェスティバルは、エコモビリティを通じて、都市が先進的な都市交通文化を創出できることを示すことを目指します。

フェスティバル開催期間中の10月2日~4日には、「エコモビリティ世界大会」が開催されます。
自治体や企業から交通分野の代表者や専門家が集結し、持続可能な交通の創出について議論を行います。今大会の主なテーマは、「住みやすさ -道路を再び歩行者のもとへ」、「シェアリング -住民へ幅広い交通手段を提供」、「インテリジェント -交通手段の統合とエコモビリティへのアクセスを促進する技術活用」です。

詳細


 
 
 
Google+
JP | EN