2017年06月21日

写真:©横浜市

【横浜市】「横浜市気候変動適応方針」を策定しました

現在、「横浜市地球温暖化対策実行計画」(平成26年3月改定)に掲げて推進している「適応策」について、気候変動の影響と考えられる国内外での大規模な災害の発生や、国際社会や国の動向等を踏まえ、本市が各分野で進めている施策を中心に、適応の観点から横断的に取りまとめ、「横浜市気候変動適応方針」を策定しました。

本適応方針では、安全・安心で持続可能な都市・横浜の実現に向けて、次の「5つの基本戦略」を設定しました。

<基本戦略>

 ①市民の生命・財産を守る施策の推進

 ②都市のレジリエンス(強靭性)の向上

 ③本市施策における適応の観点の組み込み

 ④適応策の推進による環境と経済の好循環

 ⑤国内外の都市間連携の推進


また、この基本戦略に基づき、4つの分野別施策と3つの分野横断施策により、
市民・事業者の皆様と連携し、効果的に推進してまいります。

<本市が整理した分野>

<分野を横断した施策>

 1 農業・自然環境

 1 気候変動に関するモニタリングの推進

 2 風水害・土砂災害等

 2 市民・事業者の取組促進

 3 熱中症・感染症等

 3 国内外の都市間連携の推進

 4 産業・経済活動

   

 

お問合せ先

 横浜市 温暖化対策統括本部 調整課
 TEL:045-671-4372
 FAX:045-663-5110
 Mail:on-jikkou@city.yokohama.jp

詳細


 
 
 
Google+
JP | EN