2018年05月16日

【札幌市】住宅ゼロ・エネルギー化補助制度を新設

札幌市では、今年度より住宅のゼロ・エネルギー化を行う市民への補助制度を新設しました。

太陽光発電を設置しゼロ・エネルギー化を実施した場合に、以前より実施している市民向けの太陽光発電補助1kWあたり4万5千円に加え、ゼロ・エネルギー化に対し30万円(定額)を補助します。

札幌市では、3月に策定した第2次札幌市環境基本計画で「寒冷地に適した低炭素社会の実現」を掲げており、札幌市独自の断熱性能の高い住宅への認定制度である札幌版次世代住宅基準と組み合わせた今回の補助制度の創設など、将来を見据えたゼロ・エネルギー住宅の普及を目指しています。

詳細・関連情報

(札幌市 環境局環境都市推進部エコエネルギー推進課)


 
 
 
Google+
JP | EN