2018年09月20日

長野県がイクレイに加盟しました

長野県の加盟により、イクレイ日本は、21自治体・人口カバー率約30%の国内都市間連携ネットワークに。

9月14日付けで長野県がイクレイに加盟しました。同日長野県庁で行われた手交式では、イクレイ日本理事長 浜中裕徳から阿部守一知事に会員証を手渡しました。

長野県は、2017年9月に開催した「地域再生可能エネルギー国際会議2017」において、再生可能エネルギー100%地域を目指して新たな取組と連携の行動を宣言する「長野宣言」を採択するなど、再エネの普及に力を入れています。

現在、日本国内のイクレイ加盟自治体において、都心部では自前で供給できる再生可能エネルギーに限りがあることが課題となっています。今後、地域分散型のエネルギー循環を軸に、イクレイネットワーク内での長野県との連携に期待が高まります。

また、来年6月には、長野県・軽井沢町において、環境とエネルギーをテーマとした「G20持続可能な成長のためのエネルギー転換と地球環境に関する関係閣僚会合」が開催されます。イクレイのネットワークを通じて、国内外における先進自治体の知見を共有するとともに、長野県の環境・エネルギー施策や魅力を積極的に発信していきます。

詳細・関連情報


 
 
 
Google+
JP | EN