2018年10月30日

【横浜市】「横浜市地球温暖化対策実行計画」を改定しました

平成26年3月に改定した「横浜市地球温暖化対策実行計画」について、パリ協定・SDGs採択後の世界の潮流や、国の地球温暖化対策計画・適応計画の策定、気候変動の影響等を踏まえ、本市の温暖化対策(緩和策・適応策)・エネルギー施策の更なる強化を図るため、実行計画を改定しました。

<概要>
●「Zero Carbon Yokohama」を掲げ、2050年も見据えて「今世紀後半のできるだけ早い時期における温室効果ガス実質排出ゼロ(脱炭素化)の実現」を本市の温暖化対策のゴールとして新たに設定します。

● 温室効果ガス排出量の削減について、2020年度22%、2030年度30%削減の短中期目標と、2050年度80%以上削減の長期的な目標を設定し、施策の展開を図ります。

詳細・関連情報

(横浜市温暖化対策統括本部調整課)


 
 
 
Google+
JP | EN