2018年02月13日

写真:世界銀行TDLC

【北九州市】世界銀行の発展途上国における開発プロジェクト情報及び「北九州モデル 廃棄物管理と洪水リスク管理」に関する講演及びセミナーの開催について(2/5-6)

世界銀行と北九州市は、昨年3月、都市パートナーシッププログラムにかかる覚書を締結しました。

世界銀行は、このプログラムなどで得た知見を活用し、貧困撲滅や持続可能な成長に向けた途上国支援を行っています。

また、この覚書に基づき、途上国の急速な都市化の進展に伴う不法投棄と河川の氾濫といった課題解決のため、本市の経験やノウハウを体系化した「北九州モデル 廃棄物管理と洪水リスク管理」を作成したところです。

今回、こうした取組みに加えて世界銀行の各種事業に関する情報提供を行い、海外展開など新たなビジネスチャンスにつなげていただくため、環境関連企業や国際関係機関等を対象に、講演及びセミナーを開催しました。

寒波の影響で雪もちらつく2日間でしたが、合わせて200名以上が参加し、セミナー後のネットワーキングランチ等の場でも活発な情報交換が行われました。

1 「北九州市環境産業推進会議」 第9回総会での講演
(1)日 時  平成30年2月5日(月)15:05~16:05
(2)場 所  アジア太平洋インポートマート(AIM)
(3)講 演  「複合的な課題解決のための日本の知見・経験の活用
         ~世界銀行の発展途上国における開発プロジェクト等について~」
        世界銀行グループ 東京開発ラーニングセンター(TDLC)
        シニアマネージャー ダニエル・レヴィン 氏
(4)参加者  北九州市環境産業推進会議への参加企業等 約180名

2 世界銀行の発展途上国における開発プロジェクト情報セミナー
(1)日 時  平成30年2月6日(火)11:00~12:00
(2)場 所  JICA九州国際センター
(3)講 演  「世界銀行の発展途上国における開発プロジェクト情報及び
        『北九州モデル 廃棄物管理と洪水リスク管理』について」
        世界銀行グループ 東京開発ラーニングセンター(TDLC)
        シニアマネージャー ダニエル・レヴィン 氏
(4)参加者  市内の国際関係機関職員等 約40名
(5)協 力  JICA九州国際センター
(6)後 援  環境省環境調査研修所

詳細・関連情報

 (北九州市 環境局環境国際戦略課)


 
 
 
Google+
JP | EN