2019年01月25日

【松山市】「地域主導による地球温暖化対策フォーラム」を開催します

~低炭素社会の実現に向けた水素エネルギーの利活用について考える~

日時:平成31年2月4日(月曜日)13:30~16:20(開場13:00)

会場:愛媛大学 メディアホール(松山市文京町3番地)
 (愛媛大学総合情報メディアセンター1階)

パリ協定が発効されて以降、世界中で温室効果ガスの削減に向けた取組が加速しており、各地域でも再生可能エネルギーの導入や未利用エネルギーの有効活用などが求められています。

そこで、利用時にCO2を排出せず、再生可能エネルギーの貯蔵にも活用できる水素エネルギーに焦点を当てた講演やパネルディスカッションを通じて、地域の地球温暖化対策のあり方について考えるフォーラムを開催いたします。

【地域主導による地球温暖化対策フォーラム】

テーマ:低炭素社会の実現に向けた水素エネルギーの利活用について考える

プログラム

【開会挨拶】
  松山市環境部
  部長 大西 高史

【講演1】
 「再生可能エネルギーと水素による地域創生」
  株式会社谷グリーンエネルギー研究所 代表取締役 谷 義勝 氏

【講演2】
 「燃料電池の現状と動向」
  愛媛大学 大学院理工学研究科 特任教授 板垣 吉晃 氏

【パネルディスカッション】
 「水素社会の実現に向けて」

 (コーディネーター)
  愛媛大学 大学院理工学研究科 教授 森脇 亮 氏
 (パネラー)
  株式会社谷グリーンエネルギー研究所 代表取締役 谷 義勝 氏
  愛媛大学 大学院理工学研究科 教授 板垣 吉晃 氏
  四国経済産業局 参事官 冨田 豊隆 氏
  松山市環境部 副部長 中島 郁
  愛媛大学生協学生委員会 環境部局長 大西 美咲 氏

【閉会挨拶】
  愛媛大学
  工学部長 高橋 寛 氏

参加費:無料

定員:100名(先着順)

申込方法:
参加者全員の住所・氏名・電話番号を、電話・ハガキ・FAX・E-mailでお知らせください。
申込期限は、平成31年1月31日(木曜日)必着です。

●連絡先●
〒790-8571 松山市二番町四丁目7-2
松山市役所 環境モデル都市推進課
電話:089-948-6434
FAX:089-934-1861
E-mail:ondankataisaku@city.matsuyama.ehime.jp

共催:松山市、愛媛大学

後援(予定):内閣府地方創生推進室、地方創生SDGs官民連携プラットフォーム、中国四国地方環境事務所、四国事務所、四国経済産業局、愛媛県、環境モデル都市まつやま推進協議会、愛媛新聞、えひめリビング新聞社

詳細・関連情報

(松山市役所 環境モデル都市推進課)


 
 
 
Google+
JP | EN