2017年07月31日

©豊田市

【豊田市】豊田市で「バーチャルパワープラントプロジェクト」を開始

-家庭や企業の需要をマネジメントし、再生可能エネルギーの地産地消の実現性を検証-

中部電力株式会社、株式会社デンソー、トヨタ自動車株式会社、および株式会社トヨタタービンアンドシステムの4社は、環境モデル都市である豊田市とともに、豊田市の再生可能エネルギーの地産地消を実現するために、再生可能エネルギーで発電した電力の供給に合わせて家庭や企業の需要等を制御し、様々な需要家のエネルギーリソースをあたかもひとつの発電所のように機能させる「バーチャルパワープラント」を構築するプロジェクトを開始しました。

豊田市は、2030年までに1990年比でCO2を30%削減するアクションプランを掲げ、地域の低炭素化に向けた取り組みを進めています。2016年10月には企業と連携して「豊田市つながる社会実証推進協議会」を発足し、この協議会のテーマのひとつとして、豊田市の再生可能エネルギーの地産地消に取り組んでいます。

このプロジェクトは、豊田市に設置されている天候等により変化する風力・太陽光・バイオマスの再生可能エネルギーによる電力の供給に合わせて、需要等を調整するエネルギーマネジメントを行い、CO2フリー電源である再生可能エネルギーの地産地消の実現性を検証します。

このプロジェクトを2020年3月まで実施し、新しい事業の創出を目指すとともに、低炭素社会の実現による更なる地域の発展に貢献してきます。

詳細・関連情報


 
 
 
Google+
JP | EN