2018年10月03日

【北九州市】世界銀行による「廃棄物管理実務者研修」及び公開セミナーの開催について(9月25日~27日 北九州市)

北九州市と世界銀行は、平成28年度より、「グリーン成長」と「廃棄物管理」というテーマで、開発途上国が直面する課題解決につながる取り組みを行っています。

この度、世界銀行が、開発途上国の政府関係者など60名を日本へ招へいし、東京および北九州市において廃棄物管理に関する実務的な研修を開催しました。

また、この研修に合わせ、世界銀行が作成した2つの廃棄物管理に関するレポートの出版を記念する公開セミナーを東京都及び北九州市で開催し、このうち北九州のセミナーでは約110名が参加し活発な議論が交わされました。

なお、世界銀行による標記研修の開催は、平成29年3月に続き2回目となります。

1. 日程:平成30年9月24日(月)~28日(金)
 【うち北九州市開催:25日(火)~27日(木)】

2. 来北者:開発途上国(14カ国)の廃棄物管理実務者、世界銀行専門家など約60名
アゼルバイジャン、イエメン、インド、カンボジア、ケニア、コンゴ、セネガル、セントルシア、タンザニア(ザンジバル)、中国、パキスタン、パナマ、パレスチナ、ヨルダン

3. 研修概要

(1)廃棄物管理実務者研修

● 講義及びグループ討議
 ・日本および北九州市の廃棄物管理施策の概要など
 ・固形廃棄物管理と海外ビジネス(北九州市の事例紹介)など
● 視察(於北九州市)
 ・ごみ収集ステーション、日明工場・かんびん資源化センター
 ・響灘西地区廃棄物処分場
 ・エコタウンセンター、自動車リサイクル、事業系食品リサイクル

(2)世界銀行「地方自治体廃棄物に関するレポート」出版記念公開セミナー

●日時:9月25日(火)16:30~18:00 セミナー、18:00~19:00 レセプション
●場所:ステーションホテル小倉
●テーマ:「循環経済に向けて;中東欧、アジア諸国の廃棄物管理政策の今」

詳細・関連情報

(北九州市環境局環境国際戦略課)


 
 
 
Google+
JP | EN