2018年07月31日

岡山県主催 地域新エネルギー導入推進研修会に参加しました

7月26日、2018年度第1回地域新エネルギー導入推進研修会(主催:岡山県、事業実施:おかやまエネルギーの未来を考える会)に、イクレイ日本が環境省地球温暖化対策課とともに、講師として参加しました。

岡山県内の市町村のほか、中国四国地方環境事務所、地域で環境学習に取り組む市民団体などから参加者が集まる中で、イクレイ日本事務局長 内田 東吾から、脱炭素化へ向かう世界の自治体の動向と、再生可能エネルギーに関する国内外の事例を紹介しました。中でも、英国91都市が2050年までに100%クリーン・エネルギーへの転換を誓約する「UK100」や、再生可能都市行動計画を策定しているバンクーバー市、地域環境権条例の支援により市民主体の再生可能エネルギー事業を創出する飯田市の取組に注目が集まりました。

発表後の意見交換では、地域において再生可能エネルギーを導入するに当たり、正しい情報を共有し、市民ぐるみで実現に向けて議論する場を持つことの大切さが指摘されました。

詳細・関連情報


 
 
 
Google+
JP | EN