2018年12月25日

【京都府京都市・イクレイ日本後援】第10回「KYOTO地球環境の殿堂」表彰式&国際シンポジウム

「KYOTO地球環境の殿堂」は、京都議定書誕生の地である京都の名のもと、世界で地球環境の保全に多大な貢献をした方の功績を永く後世にわたって称えることを目的に、2010年に設立された国際表彰制度です。

第10回殿堂入り者として、パリ協定の採択に尽力したクリスティアナ・フィゲレス氏(外交官/前国連気候変動枠組条約事務局長)をはじめ、山折 哲雄氏(宗教学者)、エゴ・レモス氏(歌手/環境保全活動家)が選ばれました。

2019年2月9日(土)に表彰式と、殿堂入り者記念講演を含むシンポジウム「新たな常識」:気候変動に立ち向かうを開催します。

詳細・関連情報


 
 
 
Google+
JP | EN