2019年09月02日

【名古屋市】環境デーなごや2019を開催

名古屋市は、かつてごみ処理量が一貫して増え続け、焼却・埋立の両面で処理能力の限界を迎えつつある中、渡り鳥の重要な飛来地である藤前干潟の埋立計画を断念し、19992 月に「ごみ非常事態宣言」を発表しました。市民・事業者との協働による徹底した分別・リサイクルに取り組んだ結果、大幅なごみ減量を達成することができました。市民・事業者・行政が協働する力が名古屋市の強みの一つです。

 今回で20回目となる「環境デーなごや2019は、テーマを「つながる つくる なごやのみらい」として、20年を振り返るとともに、なごやの未来を思い描き、一人ひとりが今行動すべきことを考える契機とするため、分野や主体、世代を超えて交流することで、環境について学び合える場をつくります。

日時:2019914() 10001600
会場:久屋大通公園(エディオン久屋広場、エンゼル広場、光の広場)

(名古屋市環境局環境企画課)

詳細・関連情報

 

 


 
 
 
Google+
JP | EN