2019年12月19日

【長野県】気候非常事態宣言 -2050ゼロカーボンへの決意-

201911月県議会定例会における「気候非常事態に関する決議」を受けて、126日、阿部守一長野県知事が「気候非常事態」を宣言しました。都道府県としては初の宣言です。

その中で、気候変動対策としての「緩和」と災害に対応する強靭なまちづくりを含む「適応」の二つの側面で取り組むため、2050年二酸化炭素排出量実質ゼロ」とする決意を表明しました。

今後、県民一丸となった徹底的な省エネルギーと再生可能エネルギーの普及拡大の推進、エネルギー自立分散型で災害に強い地域づくりを進め、長野県の持続的発展を図っていきます。

【長野県 環境部 環境エネルギー課】

 

詳細・関連情報

l  長野県ホームページ:気候非常事態宣言の概要

l  気候非常事態宣言 -2050ゼロカーボンへの決意- (PDF

l  イクレイ会員紹介:長野県


 
 
 
Google+
JP | EN