2014年08月05日

【第7回世界水フォーラム】自治体向けイベント開催予定

2015年4月12日~17日に開催される第7回世界水フォーラムにて、自治体向けのイベントが企画されている。

 世界水フォーラムは3年に一度、世界中の水関係者が一堂に会し、地球上の水問題解決に向けた議論や展示などが行われる世界最大級の国際会議である。本フォーラムは、水に関わるあらゆる分野において、最前線の議論が展開され、将来の国際社会の方向性を形作る場となっている。また準備プロセスを含めて、関係者のネットワーク形成の場を創出しており、それぞれ新たな活動・事業の契機ともなっている。


 日本では第三回世界水フォーラムを琵琶湖・淀川流域にて開催した。今年、第七回目の世界水フォーラムは韓国・テグ(大邱)市にて開催される。

【第七回世界水フォーラム】
2015年4月12日(日)~17日(金)  
於)韓国・テグ(大邱)市及び慶尚北道


 第7回世界水フォーラムでは、自治体関係者の皆様にも様々な参画の機会があるが、「地方自治体プロセス」は、その主要な機会の一つである。前回の世界水フォーラムでは、水チャンピオン都市にも選ばれている大阪市が、プレゼンテーションの実施やパネルディスカッションへの参加を通じて、各国の政府・自治体等に対して、同市の水・環境技術を発信した。

ご興味のある方は日本水フォーラム(7thwwf-prep@remove-this.waterforum.jp)までご連絡下さい。


 
 
 
Google+
JP | EN