2019年01月18日

【京都市】お寺と木とお庭から見えてくる持続可能な未来in天龍寺

IPCC総会京都市開催記念 京都宣言発信リレー事業

京都市では、2019年5月IPCC第47回総会開催に向けて、京都市内全11区において環境に関する多彩な講座やトークイベントをリレー開催しています。

3月9日(土)、伝統文化を通じて環境保全の大切さについて理解を深めるため、「お寺と木とお庭から見えてくる持続可能な未来 in 天龍寺」を開催します。

京都・嵐山にある天龍寺の曹源池庭園は、世界遺産であり、優美な王朝の大和絵風の伝統文化と宋元画風の禅文化とが巧みに融け合って独特の美しさを完成しています。

この天龍寺を舞台に、宗務総長の田原善宣氏Do You Kyoto? ネットワークから酢屋(坂本龍馬をかくまったことで有名な材木商)の中川典子氏、御庭植治・次期十二代の小川勝章氏をお迎えして、参加者の皆さんと一緒に、文化的見地から気候変動対策について考えます。


1 日 時:2019年3月9日(土)14:00~16:00

2 場 所:臨済宗大本山天龍寺

3 申 込:2月1日から京都いつでもコールまで (定員100名、要拝観料)

★ フェイスブックでも最新情報をお届けしています!

詳細・関連情報

 

 


 
 
 
Google+
JP | EN