2018年11月16日

【京都市】シンポジウム「SDGsでつながる京都とイスカンダル・マレーシア」開催

IPCC総会京都市開催記念 京都宣言発信リレー事業:シンポジウム「SDGsでつながる京都とイスカンダル・マレーシア」を開催します。

2018年12月に、京都発の環境教育をきっかけに始まった「イスカンダル・マレーシアにおける低炭素社会実現に向けた人・コミュニティづくり」が、3年間のプロジェクト実施期間を終えます。

本プロジェクトは、独立行政法人国際協力機構(JICA)の草の根技術協力事業として、京都発の環境教育「こどもエコライフチャレンジ」のマレーシア版の実施、セカンダリースクールでの主体的な環境学習(PBL)、地域コミュニティを中心とした環境活動の実施支援に取り組んできたものです。

この度、IPCC総会京都市開催記念 京都宣言発信リレー事業の一環として、3年間に渡るプロジェクトの成果と知見の報告や、SDGsの視点から、京都市から世界へ、また世界の国々と共に、これまでの知見をどう活かし、取組を深めていくことができるのかについてパネルディスカッションを行うシンポジウムを実施します。

プロジェクトの成果報告では、マレーシアのセカンダリースクール(中高一貫校)の生徒も参加し、プレゼンテーションや現地での取組を紹介する動画を上映します。

日時:平成30年12月24日(月曜日・休日)午後1時~午後4時30分

場所:メルパルク京都(京都駅徒歩2分)

申込はこちら

※IPCC総会京都市開催記念 京都宣言発信リレー事業

京都市では、2018年5月IPCC第47回総会開催に向けて、京都市内全11区において環境に関する多彩な講座やトークイベントをリレー開催しています。

詳細・関連情報


 
 
 
Google+
JP | EN