2019年06月11日

【東京都×埼玉県】東京都と連携し首都圏での排出量取引制度を行っている埼玉県が世界銀行主催の会合で、その成果について発表しました

埼玉県は首都圏への排出量取引(キャップ&トレード)制度の実効性を高めるためにイクレイ会員の東京都と連携し、2011年度から排出権取引制度を導入しています。67日に世界銀行が主催する気候変動対策をテーマとする国際会議Innovate 4 Climateにて埼玉県の目標設定型排出量取引制度について発表しました。

 

詳細・関連情報

 


 
 
 
Google+
JP | EN