ニュース一覧

2020年10月27日

【岡山市】*ESD岡山アワード2020授賞事業の決定*

ESD岡山アワードは、国内外で取り組まれているESD活動の中から優れた取り組みを表彰し、ESDを普及することを目的として2015年度から実施しているものです。ESD岡山アワード2020の募集にたくさん


[more]

2020年10月15日

イクレイ東アジア地域理事選挙の実施

イクレイ地域理事選挙(任期2021年~2024年)の結果、次期東アジア地域理事として下記のメンバーが選出されました。


[more]

2020年09月23日

イクレイ設立30周年を迎えました

1990年9月5日、ニューヨークの国連本部に43カ国から200都市を代表する地方自治体関係者が集まり、イクレイが誕生しました。


[more]

2020年09月15日

【長野県】長野県内77全市町村が「気候非常事態宣言」に賛同

長野県は、昨年12月6日に都道府県として初めて「気候非常事態宣言」を行い、2050年にはゼロカーボンを達成する決意を表明しました。 そして、2020年9月8日までに、県内77全ての市町村から「気候非


[more]

2020年09月09日

【横浜市】世界の環境大臣等が参加する気候変動に関する「閣僚級オンライン会合」にて林市長がメッセージを発信しました

横浜市は、2018年に「横浜市地球温暖化対策実行計画」を改定し、2050年までの脱炭素化「Zero Carbon Yokohama」を宣言しました。 この度、環境省が国連気候変動枠組条約(UNFCC


[more]

2020年08月27日

ICLEI's Race-to-Zero Dialogues(7月29日)

7月29日開催のウェビナー「Race to Zero Dialogues(対話)」では、脱炭素に向けた取組を牽引する主導者とともに、ヨーロッパ、日本、韓国、オーストラリアの都市と地域の代表による意思表


[more]

2020年07月01日

【横浜市】【横浜市】政令市初!横浜市役所新庁舎の使用電力の再生可能エネルギー100%化を実現します!

横浜市は、2018年10月に改定した横浜市地球温暖化対策実行計画において、2050年までの脱炭素化「Zero Carbon Yokohama」の実現をより具体化するとともに、その実現に向けた取組・検討


[more]

2020年07月01日

CDP-ICLEI統一報告システム立ち上げ

CDP(CDP Worldwide)とイクレイは、それぞれが実施していた気候と環境関連データの収集システムを統一しました。


[more]

2020年06月05日

COP26 グローバルキャンペーン“Race to Zero”スタート

2020年6月5日、ゼロカーボンの実現を目指す「Race to Zero」がスタートしました。Race to Zeroは非政府主体によるClimate Ambition Alliance(CAA)への


[more]

2020年05月28日

ポスト2020年生物多様性枠組みに向けたエジンバラ・プロセス始動

生物多様性条約に係るポスト2020目標に対して、地方政府の立場から意見提出を目指す「エジンバラ・プロセス」が、2020年4月30日から、スコットランド政府、生物多様性条約事務局等により進められています


[more]

 
 
 
Google+
JP | EN