ニュース一覧

2019年08月02日

【横浜市】バイオ燃料 地産地消プロジェクト

横浜市は「SDGs未来都市・横浜」の実現に向けて、「ヨコハマSDGsデザインセンター(以下「デザインセンター」)」を中心に、市民・企業・大学等と連携し取組を進めています。 このたび、横浜市と株式


[more]

2019年07月17日

【さいたま市×松山市】スマートシティと今後の連携の可能性について協議しました

両市が交流を深めていくにあたり、スマートシティに向けた両市の取組の共有や勉強会等の実施について協議を行いました。 これからも会員自治体間の連携の機会として、イクレイをご活用ください。 関連情


[more]

2019年07月03日

【イクレイ4自治体】SDGs未来都市に選ばれました

内閣府地方創生推進室は7月1日、自治体による持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けた優れた取組を進めていく都市を「SDGs未来都市」として31都市を選定しました。また特に先導的な取組を「自治体SD


[more]

2019年06月28日

【北九州市】第19回日中韓三カ国合同環境研修のご案内

このたび環境省環境調査研修所により北九州市で標記研修が開催されますのでご案内します。 この研修は、日中韓三カ国の公務員が、三カ国の環境の現状、各国が抱えている環境に関する課題及びその対策等につい


[more]

2019年06月28日

【東京都】再エネ普及会合「RE100アクションミーティング」を開催

 東京都は、6月3日に「ゼロエミッション東京」の実現に向けた再生可能エネルギーの普及拡大をテーマにした「RE100アクションミーティング」を開催しました。 当日は国内のRE100宣言企業19社と再エ


[more]

2019年06月26日

「長野宣言」を環境大臣へ手交

大阪で開催されるG20首脳会議に関連し、6月15-16日に長野県北佐久郡軽井沢町で「G20持続可能な成長のためのエネルギー転換と地球環境に関する関係閣僚会合」が開催されました。 長野県とイクレイ日本


[more]

2019年06月11日

【東京都×埼玉県】東京都と連携し首都圏での排出量取引制度を行っている埼玉県が世界銀行主催の会合で、その成果について発表しました

埼玉県は首都圏への排出量取引(キャップ&トレード)制度の実効性を高めるためにイクレイ会員の東京都と連携し、2011年度から排出権取引制度を導入しています。6月7日に世界銀行が主催する気候変動対策をテー


[more]

2019年06月04日

ウルサン広域市(韓国) Local Biodiversity Forum 愛知県が登壇

5月21日にウルサン広域市(韓国)で第5回ローカル生物多様性フォーラムが開催されました。意思決定者、自治体職員、市民、NGO、研究機関などから約140名が参加しました。海外の生物多様性ベスト・プラクテ


[more]

2019年06月03日

【東京都】U20メイヤーズサミットにて、「ゼロエミッション東京」の実現に向けた取組について発表しました。

 東京都は、5月20日から22日まで、世界の主要都市が一堂に会する「U20メイヤーズサミット」を主催しました。  U20では、気候変動対策、社会の包摂及び統合、持続可能な経済成長などをテーマとし、議


[more]

2019年06月03日

【北九州市】OECD主催「SDGs指標枠組みの地域化に向けた会議」での意見表明

北九州市と地球環境戦略研究機関(IGES)は、2019年5月14日にOECD本部(フランス・パリ)で開催された、OECD主催「SDGs指標枠組みの地域化に向けた会議」へ参加しました(日本の自治体として


[more]

 
 
 
Google+
JP | EN