地域の気候変動適応策推進に向けた日米政策対話

イクレイ米国事務局と協力して、地域の気候変動適応策を進めるにあたって役立つ情報や政策立案ツールを収集・整理するとともに、 これら手段の応用を参加自治体と共に検証するなどし、自治体行政における適応策推進の支援を実施しました。また日米から自治体、研究機関、専門家を集めてワークショップを開催し、地域の適応策推進の具体的事例や推進上の課題について意見交換や知識の共有を行いました。日本からは、板橋区、江戸川区、墨田区、米国ではサンディエゴ市、フィラデルフィア市などが参加しました。(国際交流基金日米センター助成事業 2012年3月~2014年2月)


日米セミナー・ワークショップ

日米適応策セミナー(第1回) 2013年1月15日@東京

米国より参加自治体とマサチューセッツ工科大学のジョアン・カーミン准教授を招いて、国内の自治体や研究者と共に、地域の適応策推進に向けた方策を議論しました。

日米適応策セミナー(第2回) 2014年1月27日@カリフォルニア州サンディエゴ市

日米自治体と専門家や地域の関係者が会し、適応策会議を開催しました。本事業2回目の日米対話の機会である本会議では、都市における適応策推進に関して、最近の動きや現場の経験を踏まえた実践的な議論を行いました。


資料

本事業で収集整理した政策ツールや事例、ご協力いただいた専門家の先生方によるインプット、論文などを掲載しています。

専門家による寄稿

事業にご参画いただいた専門家の方々より、自治体で適応策を進める上での課題や有効な手法についてご寄稿いただきました。

各分野の研究者からのコメント

地域レベルで適応策をどのように進めるか。
事業にご協力いただいた研究者の皆様から、適応策の地域における推進にすいてコメントをいただきました。

  • 法政大学 田中 充
  • 筑波大学 本田 靖
  • 都市緑化機構 外崎公知
  • 九州大学 小松利光
  • 海洋研究開発機構 高橋桂子
  • 電力中央研究所・法政大学 馬場健司

2012年度事業報告書

  • 報告書本文
  • 参考資料1、2、3、4
 
 
 
Google+
JP | EN